わいわいバーベキュー

もも肉・手羽先・砂肝

肉のうまみを楽しめるBBQの調理法

肉のうまみを楽しめるBBQの調理法 夏といえば、BBQ「バーベキュー」が恋しくなる季節ですね。
とはいえ、河原に集まって、となるとなかなか準備も大変になってくるかと思います。
人数集め、皿や箸など消耗品の確保、後片付けなど。
最近は、スーパーなどで無料でBBQコンロを貸し出しサービスもありますので、利用されてみるのもいいかと思います。
おすすめなのは、公共の公園などでBBQ用スペースのあるところ。
探せば身近にもあるのではないでしょうか。
お肉をわいわいと焼くだけでもおいしいですが、簡単にできる調理法として、ホイル焼きもお勧めです。
きのこや野菜をホイルにくるみ、好みでバターやオリーブオイルを加えて網の隅においておくだけ。
ジャガイモを包んでもいいですよね。
BBQのはじめごろに仕込んでおけば、一息つきたいときにホクホクのポテトが楽しめます。
味付けは、焼肉のたれ以外では、ポン酢もさっぱりとしていただけますので、いかがでしょうか。
すでにお試しになっている方もいらっしゃるかと思いますが、調理法も手軽に工夫して、楽しい夏のひと時を過ごせますように。

BBQで肉と一緒に焼くと美味しくなる野菜

BBQで肉と一緒に焼くと美味しくなる野菜 BBQでは肉がメインになってしまいがちですが、その肉と一緒に焼くと美味しくなる野菜があります。
まずは、玉ねぎです。
定番ですが、ちょっとしたコツでもっと美味しくすることができます。
玉ねぎは火を通すと甘味が出ますし、肉汁を吸収してさらに美味しくなります。
小さく切ってしまうと焼き網から落ちてしまいますし、焼くと水分が出て少し小さくなるので、大きめに切るようにしましょう。
皮をむいて、アルミホイルで包んで丸焼きにしても美味しくなります。
次はアスパラです。
こちらはさっと洗ってそのまま一本で焼くのがおすすめです。
焼くことによって甘みが出ますし、緑があると彩りも出せます。
最後はパプリカです。
ピーマンでもいいのですが、パプリカのほうが甘みもあり、肉厚なのでBBQではおすすめです。
肉と一緒に串に刺してもいいですが、丸焼きでも大丈夫です。
種が気になる場合は、へたを取って中の種を出してから焼いてください。
BBQだからこそ、いつもとは違う焼き方で美味しく食べましょう。